安心して依頼できる弁護士選びは慎重に進めましょう

様々なケースがある

医療トラブルの相談には多種多様なものがある

医療トラブルの相談は、医療を受ける側から、医療を施す側から、双方からの相談が考えられます。例えば、病院で手術を受けて、後遺症が残ってしまった。適切な治療をしたのに、患者さんがクレームをつける。といった内容です。いずれも医療が高度化するにつれ、その内容は複雑化しているのが昨今の状況です。 その内容は軽微なものから重大なものまでありますが、大抵は理解不足から起こる軽微なものです。 患者側からすれば、一方的に医療トラブルと思っても、担当の医者や看護師から丁寧に説明を受けることにより、医療トラブルという誤解がとける場合があります。また医療機関側から見ると、単にクレームと捉えるのではなく真相を追求すれば医療過誤でないと説得させることができたりするものです。

予防してトラブルを最小限に

中には重大な医療トラブルがありますが、しっかり予防すればトラブルを最小限のものにすることができるはずです。 患者側ではきちんとメモを取り、医師の意見をしっかり聞く。相談にしっかり乗ってもらい、疑問点をゼロにしておくことなどが医療トラブルを防ぐものとなります。昨今は、弁護士に限らず自治体に相談窓口があるのでそれを把握しておくことも重要です。 他方、医療機関側でできることはたくさんあります。 ヒューマンエラーの入る余地がないように、安全の管理体制をきちんと整備する。いわゆるヒヤリハット事例をまとめておき、きちんと院内で情報交換する。 他にも院内の研修を実施したり、患者側からアンケートをとって軽微なトラブルを把握したり、相談窓口をきちんと整備しておくなどが挙げられます。