安心して依頼できる弁護士選びは慎重に進めましょう

電話相談が便利

医療トラブルの相談は電話で

思いもよらない医療トラブルに巻き込まれた時、患者としてはどうしていいのかすぐにはわからないものです。病院や医師に責任があるものなのかどうかも、素人では判断が難しい所です。 このような医療トラブルで困った時には、まずは気軽に相談できる窓口を利用してみましょう。多くのボランティア団体やNPO法人などでは電話で相談できる窓口が設置されています。 電話をして事情を話すと、医療トラブルの対処方法をアドバイスしてくれます。今後どのような対応をしていけばよいのかなどを知ることができるので心強いです。 このような窓口はインターネットで簡単に探すことができます。お住いのお近くの団体を探して相談してみることが大事です。

お互いに納得できる解決策を

電話での医療トラブルの相談は無料で行っている所が多いので、医療行為についておかしいなと感じた時には気軽に相談してみるといいですね。 また、医療トラブルに巻き込まれた場合、感情的になりすぐに裁判などと考える方も多いのですが、裁判にはお金も時間もかかります。そこで近年、弁護士を介した話し合いで医療トラブルを解決する方法というのが注目されています。 裁判を行うより費用が掛からず、期間も短縮されるので早い解決に至ります。この場合、医療トラブルに詳しい弁護士に相談することが大事です。 医療トラブルは故意であることは稀なので、話し合いによってお互いに納得できる解決をすることがお互いの為です。そのために専門の方へしっかりと相談をしましょう。

医療トラブルについての知識

医療トラブルというものは一体何なのでしょう。医療トラブルとは、医療において、医師が誤診や医療ミスで患者が亡くなってしまうというような事例が代表的です。誤診を避けるために、不安であれば別の医師に診断を受ける「セカンドオピニオン」なども活用することが重要です。医療ミスにより、患者が亡くなってしまった場合や、重い疾患を患ってしまった場合、当然、病院側は高額な賠償金を支払わなければなりません。そのため、評判や医師の腕の良い病院を利用することで、このようなことを避けやすくなれるといえます。もし、自分やその家族が医療トラブルに巻き込まれてしまった場合、無料で相談を受けることができる相談先も存在するため、積極的に利用すべきです。

相談するにあたって工夫すること

上述したように、医療トラブルに巻き込まれてしまった場合は、弁護士など専門家に相談することが重要です。また、弁護士ではありませんが、医療安全支援センターという相談先が存在しています。医療安全支援センターは全国の都道府県庁にあり、無料で医師や看護師などの医療関係者に相談するということが可能です。相談方法は電話や面接、電子メールやFAXなど各医療安全支援センターにより異なります。そのため、事前にどのような相談方法を利用できるのか確認しておくことが、円滑に相談を進めるうえで重要になってきます。公式ホームページも存在しているため、あらかじめそこで情報を収集しておくこともおすすめです。インターネットを利用すれば、医療安全支援センターの住所について確認することができます。